バナー

がん検診の具体例を挙げて

がんは現在の病気の中で死因の第1位にあげられてしまう恐ろしい病気です。そこで、様々な地域や自治体でがん検診が行われています。

これは早期発見早期治療のために大変重要な検診であることを具体例を挙げて示してみます。
たとえば前立腺癌を例に挙げてみますと、がん検診では採血でPSAという項目をはかります。

そこで4を超える人の20~30%に前立腺癌が含まれるといわれています。



その後、さらなる精密検査として病院によっては一泊で前立腺生検を行います。
これにて早期発見ができた場合には、早期の場合は芸能人でもされた方がいる、小線源といわれる物質を前立腺に埋め込むことで完治をすることができ、この治療は大きな痛みもなく自分のQOLを落とすこともない治療と考えられます。

もし少し進行していたとしても局所であれば、放射線照射や手術で局所的に治療をすることで完全にがんを治しきれます。仮にがん検診を受けることなく、痛みや排尿障害などの何らかの症状が生じてから見つかったとすると、骨や膀胱や肺に転移してしまっていた場合には、局所的に根治を目指すことはできず、全身的な内分泌治療や抗がん剤治療をせざるを得ません。
しかし根治治療ではないため、その全身治療を継続しなくてはならず、いずれがんが抵抗性を獲得してしまい、命に関わる状況となってしまうのです。

以上のように、たかが採血で早期発見が可能になり、根治治療の機会を失わなくてすむのです。

がん検診といえばこちらです。

是非ともがん検診は受けるべきだと思われることでしょう。